がん・腫瘍

腫瘍との取り組み

がん・腫瘍 動物病院 世田谷区池尻動物も高齢化に伴い10歳以上の動物の死因は癌となっています。それだけにその診断と治療には適切な判断と技術が重要になってきていると思われます。

今まで臨床の現場では沢山のがん症例を見てきましたが手遅れになってしまったり不適切な処置により根治を逃してしまった例も沢山見てきました。そんな中で院長は「日本獣医がん学会 Ⅰ・Ⅱ種認定医」を取得し年々変化してゆく治療方法を追及しつつ、麻布大学動物病院で腫瘍科専科研修医として修行した8年間の経験を生かし一般病院でも大学病院並みの診断や治療が受けられるよう心がけています。

本院では必要最低限の診断・治療設備は完備しておりますが、病状によってはさらに充実した機器が整っているグループ病院の亀戸動物総合病院で処置をしたり、CT・MRI検診センター、大学病院への紹介も行い、常に最善の方法を検討し飼い主様に納得していただき後悔のない治療の選択を常に第一に考えております。

「がん」と知らされてあきらめていませんか?

がん・腫瘍 動物病院 世田谷区池尻近年、ペットは家族一員として愛情の中で育てられていることにより寿命も延びてきています。そこで、新たに増加してきている病気の一つががんです。

しかし、がん と聞くと目も前が真っ暗になり“もう終わりなんだ”という絶望感に襲われるのは人医の世界でも同様の事です。
でも、ここであきらめないでください!医学の進歩とともに獣医腫瘍学もここ数年で急速に進歩してきています。そして今なお世界中の腫瘍専門医達により更なる試みがなされています。

そんな中、“とりあえず取ってみましょう”と安易にメスを入れる時代は終わり、腫瘍の種類と進行度をしっかり診断した後、治療目的を明らかにした上でその適切な治療法を飼い主さんと共に選択してゆきます。この時、大切なことは飼い主さんに少しの疑問もあってはいけない、ということです。そのため御理解していただくまで、じっくりと話し合うことが大切な事と私は考えております。

診断、治療においては過去に大学病院で8年間、高度医療現場での研修経験を生かし本院でも同レベルの診断治療を提供出来るようにしております。がん治療はその経過観察中に病状が刻々と変化してきますがその対応も一般病院なので即座に対応できるかと思います。

現在その診断はCT・MRI検査でより精密に行い治療方法の決定や術式、予後予測などを行います。その場合世田谷区深沢8丁目の246号沿いにあるキャミック検診センターにて撮影していただきます。

がん治療の三本柱は1外科 2放射線治療 3化学療法 であります。
外科と化学療法は本院でも対応いたしますが、放射線治療は広く特殊構造の施設が必要であるため、適応例でご希望があれば大学病院をご紹介しております。

臨床腫瘍学において大切なことは検査所見に加え、実際の動物を観て、触って、その反応の程度を確認してはじめて、世界中でたった一つの命のための治療法が決定できるのです。そのため電話やネットでのご相談でのお答えには限りがあることをあらかじめご了承ください。

現在、腫瘍で疑問、不安をお持ちの方は一度ご相談にいらしてください。
今後このページでは世界最新の情報を交えてインフォメーションをしてゆく予定でいます。

腫瘍の診断手順を写真などで紹介します

  →「もし、腫瘍が見つかったら どう診断を進めていくか?」を読む

【組織検査器具】 【骨髄検査器具】
組織検査器具 骨髄検査器具

最近の抗癌剤治療の動向

今までの抗がん剤は、細胞障害性の薬がメインでがん細胞と同時に正常細胞まで障害を及ぼすために副作用が出やすいものがほとんどでした。しかし、最近は「分子標的薬」といってがん細胞に特徴的な部位のみをターゲットで攻撃するため高い効果が得られるが副作用は少ないという薬が人間界でどんどん開発されつつあります。その中で人間と似ている腫瘍や発生機序が類似した腫瘍では、動物でもこの分子標的薬が有効であることが判って来ました。中でも肥満細胞腫はそのデータも蓄積されてきておりついに日本でも効果があるといわれている分子標的薬のひとつでもある「トセラニブ」が発売される事になりました。この薬を選択するに当たりc-KITの変異の有無を調べますが今後治り難いタイプの肥満細胞腫でも期待できると思います。

この他の腫瘍においてもこの薬の効果を検討する研究は進められており今後さまざまな腫瘍への効果が期待されています。

犬種別により多い腫瘍

リンパ腫
ゴールデンレトリバー・コッカースパニエル・ボクサー
肥満細胞種
パグ・ゴールデンレトリバー・ボストンテリア
甲状腺腫瘍
ビーグル・ゴールデンレトリバー
膀胱腫瘍
シェットランドシープドック・コリー・ビーグル
組織球肉腫
バーニーズマウンテンドック・ゴールデンレトリバー・フラットコーテットレトリバー・ロットワイラー・その他大型犬
血管肉腫
ゴールデンレトリバー・ジャーマンシェパード・イングリッシュセッター・その他大型犬
骨肉種
大型犬全般
肺がん
パグなどの短頭種
鼻腔内腫瘍
コリーなどの長頭種

関連ページ

「もし、腫瘍が見つかったら どう診断を進めていくか?」

  • 文字サイズ 大
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 小

●病院案内

池尻大橋ペットクリニック

〒154-0001
東京都世田谷区池尻3-23-5
TEL:03-5430-9966

●診療時間

診療時間 日・祝
午前 
9:00 ~ 12:00
午後 
3:00 ~ 5:00

完全予約制

◎院長診察は月・火・水・日です。
その他臨時休診日はWhat's Newでお知らせいたします。

●木曜は緊急診療となります。
(午前10~12時、午後3~5時)
※木曜以外午後5~6時まで緊急対応

●ご案内図

動物病院・池尻大橋ペットクリニック地図 東急田園都市線 池尻大橋下車 徒歩5分
国道246号線(玉川通り)上り車線、宿交差点から渋谷より100m