症例

B細胞性高グレード多中心型リンパ腫

この腫瘍は体表のリンパ節が腫れるリンパのがんで6~8歳前後の比較的若令で発症することが多い腫瘍です。無治療であるとだいた3ヶ月以内には亡くなってしまう事が多いと思いますが、抗がん剤治療によりだいたい50%は1年近くはよい状態で生活する事が出来ます。根治をする事は困難な病気ですが、非常に抗がん剤によく効いてくれる腫瘍なので治療の意義はとても高いと思います。

診断は針生検、リンパ節の切除生検、PCR(遺伝子検査)等で行います。

治療は基本的には抗がん剤になります。ロイナーゼ・オンコビン・エンドキサン・アドレアマイシンを既存のプロトコールにのっとって行いますが、その時の動物の状態により適宜変更して行ってゆきます。

異型リンパ球
リンパ節の細胞診では大型で核小体が明瞭な異型リンパ球が9割以上占めている。
B細胞性高グレード多中心型リンパ腫
進行したリンパ腫では眼球に浸潤したリンパ球により眼球にぶどう膜炎という炎症により白く濁る症状が起こる事がある。
B細胞性高グレード多中心型リンパ腫
抗がん剤治療を開始すると1週間後にはリンパ節の縮小とともに眼球も改善が認められる。
レントゲン写真 レントゲン写真
B細胞性高グレードリンパ腫で初診時、体表リンパ節の腫大と脾臓の腫大も認められる事が多いが、初回治療でほとんどに縮小が認められる。本例はその後抗がん剤治療によりリンパ節、脾臓も完全に縮小し寛解をえられ、治療開始から約1年8ヶ月間の生存期間が得られた。
レントゲン写真 レントゲン写真

 

T細胞性低グレードリンパ腫

この腫瘍は高齢犬に発症する傾向にあり、B細胞性高グレードリンパ腫に比べるとはるかに長期間生存期間が得られます。

診断はリンパ節の針生検、リンパ節の切除生検、PCR検査(遺伝子検査)などにより行います。

体表リンパ節は腫れていても元気、食欲はある期間が長いため無症状期間は治療の必要はないと言われています。しかし、リンパ節が腫れてくる事により咳や呼吸器症状、消化器症状、貧血、などなにかしらの症状が認められた時治療を開始します。

治療は抗がん剤投与になりますが、具体的にはクロラムブシルもしくはアルケラン、プレドニゾロンを使用してゆきます。この治療でリンパ節は完全に消失しない事もありますが多くは症状は改善し再度元気に暮らしてゆけます。
本院でも、無治療で2年以上、一時期治療していたもののその後落ち着いて3年以上経過しているワンちゃんもいます。
この病気は無症状でもきちんと診断をし、その後は定期健診などを行い治療のタイミングを見極める事が大切だと思われます。

T細胞性低グレードリンパ腫
リンパ節の細胞診所見では小リンパ球主体で反応性のリンパ節所見と類似している。
レントゲン写真
肺門リンパ節が腫大する事により咳や呼吸速拍の症状が認められる事がある。
レントゲン写真
口頭リンパ節の腫大により咳、呼吸困難、ものが飲み込みづらいなどの症状出る事あり。

 

消化管にできた高分化型リンパ腫

雑種猫・17歳・避妊済み雌
血便を伴う下痢と、一週間続く嘔吐を主訴に来院。
触診で腹腔内にしこりを見つけ、超音波検査にて小腸が腫瘤状になっていることが疑われた。腸管の細胞診を行ったが、診断に至らなかったため試験開腹手術を行った。

小腸が塊になって見える超音波所見
小腸が塊になって見える超音波所見
腸管どうしが癒着し塊になっている部分を切除
腸管どうしが癒着し塊に
なっている部分を切除
腫大した腸管のリンパ節
腫大した腸管のリンパ節
正常と思われる腸管どうしを吻合
正常と思われる腸管どうしを吻合。
切除した腸管
切除した腸管

病理組織検査と遺伝子検査によりT細胞性高分化型リンパ腫と診断された。
術後、高分化型リンパ腫で治療効果が得られるといわれているメルファランという抗がん剤とプレドニゾロンというステロイド剤を用いた化学療法を行い、手術から10ヶ月経過した現在も良好な健康状態を維持している。
※腸管にできた高分化型リンパ腫の猫にメルファランと類似したクロラムブシルという抗がん剤とプレドニゾロンを用いた治療成績のデータでは生存期間の中央値は約1年半といわれているが約2年という報告も出てきているため今後更なる長期の予後を期待したいところである。

  • 文字サイズ 大
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 小

●病院案内

池尻大橋ペットクリニック

〒154-0001
東京都世田谷区池尻3-23-5
TEL:03-5430-9966

●診療時間

診療時間 日・祝
午前 
9:00 ~ 12:00
午後 
3:00 ~ 5:00

完全予約制

◎院長診察は月・火・水・日です。
その他臨時休診日はWhat's Newでお知らせいたします。

●木曜は緊急診療となります。
(午前10~13時、午後3~5時)
※木曜以外午後5~6時まで緊急対応

●ご案内図

動物病院・池尻大橋ペットクリニック地図 東急田園都市線 池尻大橋下車 徒歩5分
国道246号線(玉川通り)上り車線、宿交差点から渋谷より100m